バイオ・リスニング

バイオ・リスニングは、徳島大学の知能情報工学科の赤松則男教授が開発したリスニング教材です。具体的には、「英語を聞き取るための耳と脳」を作り上げるトレーニングマシーンです。
でも、なぜ、「英語を聞き取るための耳と脳」を作る必要があるのでしょうか。

実は、日本語と英語で使われる周波数は違うので、日本語を使う環境で育った人は、もともと英語を聞き取りにくい状態にあります。周波数が異なると「言葉」としてではなく「雑音」として耳に入るので、英語の音が聞き取りにくいのです。
そこで、バイオ・リスニングでは、英語の周波数が聞き取れるように聴覚を刺激し、必要な能力を右脳に鍛えます。すると、英語の音声が聞き取りやすくなるというわけです。
リスニングの学習をしていても、いまいち、効果が上がらない人にお勧めです。

賢い英語教材の選び方〜英語参考書の著者が進言!のトップページに戻る