わかりやすい英語の参考書を選ぼう

たとえ、自分のレベルにあった英語の参考書を選ぶことができても、わかりにくいと意味がありません。
わかりやすいかどうかは、実際に、英語の参考書を手にとって読むまではわかりません。
しかし、ネットで評判のある参考書、クチコミで広がっている参考書は、書店にない可能性もあります。
そこで、Amazonの「なか見!検索」サービスを利用するといいでしょう。Amazonのページには、(参考書によりますが)立ち読みできる本もあります。
というわけで、参考書を買う際は、実際に、Amazonで中身をみて、購入するといいでしょう。

賢い英語教材の選び方〜英語参考書の著者が進言!のトップページに戻る